画像の準備

Processingで画像を扱いときは、まずProcessingのメニューから「Sketch→Add Files」を選択します。 ウィンドウが開き画像の選択ができるので使用したい画像を選択します。

メニューから「Sketch→Show Sketch Folder」を選択します。dataフォルダが作成されていることを確認し、フォルダ中に先程選択した画像が入っていれば大丈夫です。

実際の画像の使用方法

画像を扱うには今まで学んだint型の整数やfolat型の実数を扱うように、あるのデータ型を宣言した変数に格納して使用します。 画像を扱う方はPImageです。また画像を読み込むときに使う命令が用意されているのでこれと一緒に使用します。

PImage 変数 = loadImage("ファイル名");

画像を読み込む際の定型文だと思い、この形で覚えておくとよいでしょう。 またこのままでは画像は表示できないので、画像を表示させる命令を使用します。上の命令と一緒に覚えておきましょう。

//画像表示の命令
image(PImageで読み込んだ変数, 画像左上のX座標, 画像左上のY座標);

では実際に画像を読み込み、ウィンドウに表示させてみましょう。以下は例になります。

size(200,200);

//画像を読み込み、PImage型の変数に代入
PImage aaa = loadImage("test1.jpg");

//(0,0)を基点として200×200pxの画像を表示
image(aaa,0,0,200,200);

【結果】

loadImageで画像を読み込みimageで画像を表示させています。画像は読み込み元の大きさより大きくすることも小さくすることも可能です。 画像がうまく読み込めない人は、画像の名前が半角英数字でないか確認してください

広告