短形の描画

長方形や正方形などを描く命令です

rect(左上のX座標,左上のY座標,幅,高さ);

左上の角の座標を指定し、そこから幅と高さを指定して四角形を描画します。 以下は左上の角の位置が(50,50)で指定した幅高さともに100ピクセルの短形を描画しています。 また今回初めて記述したスラッシュ2つの後ろに文字を入力した部分が一行目にありますが、 これはコメントといいプログラムを実行するときには無視されます。

//サイズの設定
size(200,200);
rect(50,50,100,100);

【結果】

三角形の描画

triangleという命令を使用すると、三角形を描画できます

triangle(角1のX座標,角1のY座標,角2のX座標,角2のY座標,角3のX座標,角3のY座標,);

角は3つありますが最終的に線は閉じられるので、どこがどの点というのは意識する必要がありません。
下記は3点(100,50)、(50,150)、(150,150)を点にした三角形の描画です。

size(200,200);
triangle(100,50,50,150,150,150);

【結果】

円の描画

円は以下のellipse命令を使います。1つ下が記述方法でその下が例になっています。 例では縦横200ピクセルのウィンドウの中心(100,100)の位置に横幅100ピクセル、縦幅100ピクセルの正円を描いています。

ellipse(中心のX座標,中心のY座標,横の直径,縦の直径);
size(200,200); ellipse(100,100,100,100);

【結果】

線画をスムースにする

デフォルトだと図形を描いたときに図形の線画にジャギー(ギザギザ)が発生しています。 これをなくしたい場合はsmoothという命令を描く図形の図形の前に記述してください。 一度記述すると以降の図形は全てスムース処理がされます。 解除したいときは、noSmooth()を記述します。

size(200,200);
//きれいに描画する
smooth();
ellipse(100,100,100,100);
//スムース処理の解除
noSmooth();

【結果】

広告