Processingでできること

Processingはビジュアル表現に特化したツールです。大きな特徴としてWeb公開に向いています。 手軽な出力設定で簡単にWebに自身の作品を公開することができます。Flashを触ったことがあれば、 Flashに似たようなものだというイメージを持っていただければよろしいかと思います。 また入力機器としてマウスだけでなく、マイク(音声)やカメラ(映像)などの入力装置を使えます。 どういうことかというと、音声の変化に合わせたビジュアルコンテンツや動作に応じて変化するビジュアルを 表現が可能ということです。


サンプルを見てみよう

言葉だけではわかりづらいかもしれないので、Youtubeに上がっている作品の一部を紹介します。 今回は動画で紹介していますが、こういったコンテンツをWebに直接埋め込むことが可能となっています。




広告